2016年4月5日火曜日

春がきました!

最近は少しずつ暖かくなり、桜の開花や春を感じる季節になりました。海外も含め、世の中でテロや様々な悲しいニュースが多々起きている状況の中、混沌とていて時代の変化を捉えるのは難しい事なのだと日々感じています。僕が手がけているさまざまなジャンルの料理(タイ料理、ラテン料理、手掴みスタイルのシーフードなど)もお客様は常に安定した味やサービスを当たり前のように求めており、その先の新たな刺激が必要なのかと思います。「僕らはどこに行くべきなのか」、このような機会に見つめ直すのも大切なのかと考えさせられます。

そんな中、こんな時代だからこそ、絶対的に大切にしたい事は「ちょっとした、ホッとする、素敵な時間」をお客様に提供することだと思います。いつものスペースがそこにあれば、目まぐるしい日々の生活にも安心できる場を見つけられるではないでしょうか。この様な気分転換ができる空間を作れるよう心掛けていきたいです。

また、昨年度までは世界から日本に新たなお店を出す形が多い年でしたが、今年度からは1度日本を見つめ直してみようと思います。アジアに行けば行くほど、Made in Japan の商品や日本のファンに出会う事が増えてきたと日々感じています。せっかく日本人として生まれた根本があるので、どの様な事をして上手く仕事に繋げていけるかを考えながら、世界のお客様が何を必要としているのかを追求しなければならないと思います。

もう既に浸透している「おもてなしの心」を持つという点はもちろんですが、 日本が保ち続けている「美的高品質」を備えた商品やサービスが大切になるのではないかと感じています。伝統や文化は他国に比べて繊細で難しい部分もあると思いますが、侘び寂びという言葉が世界に浸透しつつあるように、海外からも日本の深い部分までの魅力が伝わり始めていると最近とても感じます。このような観点を含めて、次の視野として日本から世界に何かを広めていくことを目標に今年度も駆け抜けていきたいです。海外からのお客様が益々増える中、皆様も是非一度、日本の本質とは何かを見つめ直すのも良いかもしれません。それではまた!


東京の桜は満開です!



Spring has come!

How have you been? Hope everyone is doing well.
Lately, the season of cherry blossom has started, and temperature has been increasing little by little. There are lots tragedies going on, and I see many changes around the world. As same as this social change, our customer’s preference changes day by day, so I always need to provide them something new and interesting. Although I sometimes wonder the best way to provide our meals and services, I am sure that people wish to have some spaces of “having fabulous moment” in their daily lives. I would like to make such circumstances for them and bring small happiness to their days.

As I opened lots of restaurants in past 30 years, the number of restaurants I brought from overseas into Japan was bigger than the number of restaurants I brought from Japan to overseas.

This year, I would like to think more about deeper side of Japan. One thing I am sure is that the number of foreign customers has been increasing rapidly, and I saw many fans of “Made in Japan”. I had many opportunities to meet those fans while traveling around Asian countries. Now it is time to think about what those customers wants as “JAPAN BRANDS”. Since I was born as Japanese, I would love to expand Japanese “high and beautiful quality” to those customers and in to the world. Although  Japanese culture and traditions are sometimes hard to be understood by foreigners,  it is getting easier and familiar. I would like to show and give our “high and beautiful quality” of Japan by serving delicious meals and great services. This will be not a short-term view, but as a long-term view, I hope it will bring some new air to my company and be success for the future.

0 件のコメント:

コメントを投稿