2015年11月17日火曜日

マレーシア "Slappy Cakes" オープンしました

シンガポール、フィリピンについで3店舗目のSlappy Cakesがマレーシア クアラルンプールに9月9日にオープンしました。2週間たち、オーナーのアダム氏と共に新店を見に行ってきました。

今回、今までのSlappy Cakesと大きく違う点はマレーシアの国民の約80%がイスラム教徒だということです。そこで、Slappy Cakesでも、完全なムスリム対応のメニューではありませんが、豚肉を使わないメニュー構成にしています。そのため、ダックのベーコン、チキン、ビーフで代用をしていますが、ポークのベーコンの美味しさは他にものではなかなか表現しづらく、難しさを感じました。
しかし、郷に入れば郷に従えと言うように、このような状況の中でどのようにビジネスをするか考えさせられ、とても勉強になりました。

今後はインドネシア、ブルネイ、中近東、中国といった国々で、今回のように豚肉を使わないメニューのSlappy Cakesを展開していきたいと思っていますので、いらっしゃる際はぜひ味わってみて下さい。

Slappy Cakes Publika
住所:A3-G2-3A, Solaris, Dutamas (Publika), No1, Jalan Dutamas 1, 50480, Kuala Lumpur, Malaysia
TEL: +603-6211-9949
http://www.slappycakes.com/locations/kuala-lumpur/
http://www.slappycakes.jp/shop/

(マレーシアのSlappy Cakesにて)

話は変わりますが、先月にSlappy Cakesの旗艦店、ハワイ・マウイ島のSlappy Cakesがスポンサーを務めるマウイマラソンの10キロを完走してきました。常日頃、自分が思っている、美味しいものを好きなだけ食べ、スポーツをして消費し、また美味しいものを食べる、良き循環を続けてきました。
来年もSlappy Cakesがスポンサーにつく予定です。僕自身、来年はフルマラソンに参加しようと(今は)思っています。比較的平たんで、海の横を走るとても景色の綺麗なコースですし、フルマラソンの完走制限時間が8時間と設定がゆったりしています。マラソンに挑戦したという方は、是非来年僕と一緒に参加してみるのはいかがでしょうか。


最近は月の半分は海外出張に行く日々が続いており、今までにないくらい忙しくさせてもらっています。マレーシアの後は、パリ・ロンドンとヨーロッパ出張にも行ってきましたが、この話はまた次回。景気の影響もありますが、なによりもうちのお店が世界にどんどん進出しているからだと嬉しく思います。ラッキーなことに美味しいものをたくさん食べられる仕事をしていますが、健康面にも気を使い運動も欠かさず行いたいと思います。何かアドバイスがあれば、是非お教え願いたい!


New Opening for "Slappy Cakes" in Malaysia

A month ago, Adam (the owner of the Slappy Cakes) and I went to Malaysia to visit our brandnew "Slappy Cales" in Malaysia. It opened in last September but I did not have time to visit because of my busy schedule.

In Malaysia about 80% of the population were Islam and people did not eat pork (it is hard to explain in details). I heard that we do not serve pork, we have a lavel of "NO PORK" at the restaurant.Instead of using pork, we use duck bacon, chicken,and beef.The taste of duck bacon is little different from the pork bacon.I have learned that sometimes it is quite hard to find substitute.As the proverb says, conform to the custom of the place, I think it's necessary to follow the rules and think about what I can do to be success in this circumstances.My next step is to open "NO PORK" Slappy Cakes in Indonesia, Brunei, the Middle and Near East, and China.
If you across one of those restaurants, please try the "NO PORK" Slappy Cakes.

Slappy Cakes Publika
住所:A3-G2-3A, Solaris, Dutamas (Publika), No1, Jalan Dutamas 1, 50480, Kuala Lumpur, Malaysia
TEL: +603-6211-9949
http://www.slappycakes.com/locations/kuala-lumpur/
http://www.slappycakes.jp/shop/

BTW, I went to Maui, Hawaii in last September and run the whole distance for Maui marathon (10Km) which was sponsored by Slappy Cakes. In my dairy life, it is important to have a cycle of eat good foods, do the exercise for the health,and eat good foods again. I could have this cycle while I was in Maui. Slappy Cakes wii be sponsor next year as well, and I may want to try full marathon.The course of Maui Marathon is very flat, and you can run right next to the ocean which is very beautiful. Also the limitation for full marathon is 8 hours which is much longer than regular marathons. If you are interested in running, please join me next year!

Recently, I have been very busy and spend time in the other country almost half of a month.
After visiting Malaysia, I was also in Paris, London, and Bangkok. It is because of good influence from prospering of the business, but it is also because my restaurants has become more worldwide. I feel very lucky to eat delicious and various types of foods in my job, however I keep thinking about my health condition and try to exercise.
If you have any advice for me, please tell me about your way of eat well and live well.

2015年8月19日水曜日

ダンシングクラブ大阪、オープンしました

長い間お休みでごめんなさい。 昨年の10月に東京でダンシングクラブ、 12月に銀座でTORO TOKYO、2月にはワシントンD.C.のマンゴツリー、 そして今回、大阪にダンシングクラブと、大型店の出店が続いたので 非常に忙しい半年でした。 運よく、各店とも良いスタートを切ることができ、お客様にはご迷惑をおかけするほど混雑しています。 申し訳ないと思いつつも、ちょっと安心しています。 

大阪のダンシングクラブは8月6日にオープンしたのですが、実はマンゴツリー大阪を改装した店舗です。 大阪にはマンゴツリーカフェもあり、そちらの売り上げとても良いのですが、 ハイエンドの業態は実はあまりうまくいっていませんでした。 東京でダンシングクラブが大成功し、大阪のビルのオーナーの協力もあり、今回業態変更をしました。 今までのレストラン人生の中で、人がうまくいかなくて手放したお店をやり直すことはあっても、 あまり自分の店を変えることはなかったので、成功と失敗を一遍に味わったようで、複雑な心境です。 お客様と従業員に対して責任を持っているので、なんとか良い再出発をすることができ、安心しています。 

今後は、横浜、大宮のオープンが控えていて、さらに海外店舗も予定していますので 次回また詳しくお話しますね。 大阪にお越しの際はぜひお立ち寄りください。 

ダンシングクラブ 大阪 〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館 8F 8F Grand Front Osaka South, 4-20 Ofuka-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300011
TEL:06-6485-7325  http://dancingcrab.jp/


ダンシングクラブ 大阪 外観

シンガポールのパートナーと
(左から シンガポール ダンシングクラブオーナー アンドリューさん、ノーマンさん、ダンシングクラブ ブランド大使 アンジェラさん、小島、シェフ デイヴィッドさん、シェフ ジェームズさん)


“New Opening Restaurant DANCING CRAB Osaka”

It has been a while since I updated my latest post. I’ve been so busy in this half a year. First of all, we recentry opened 4 of new restaurants in last 10 months. In last October, DANCING CRAB had come to Shinjuku, Tokyo from Singapore. In last December, TORO TOKYO had opened in Ginza, Tokyo. As a first new opened restaurant of this year, we had a mango tree Washington D.C. in last March, and the newest one was DANCIING CRAB Osaka as a second outlet in Japan on August 6, 2015. I have been so busy with opening such big restaurants, but gladly the business in those restaurants is going very well. The DANCING CRAB in Tokyo is always busy. I must apologize for inconvenience of disconnection of the phones as so many customers call to make reservation. At the same time, I could get satisfied from such a busy situation. There is a mango tree café in Osaka, and the restaurant has been working very well. However, to be honest, DANCING CRAB had opened in the place where mango tree Osaka was located. Compared to mango tree café, the business of mango tree was not so good. I had learned that the market for high-end restaurant was not big there. It couldn’t be done without any warm understanding of our crew and building managers. In my life as a restaurant maker, I had done to change the restaurant from some others to my own, but it was my first time to change my own brand and the concept from my original one. It was rarely my new experience to feel success and failure at the same time. However, in the reality, it is always better to have popular and busy store. Once the store gets very busy and works well, customers and our crews get satisfaction. Then the crew will be motivated, and will be able to give the best service. This is one of the best rotate of how people get satisfied from food and drink industry. From its point of view, my decision was necessary to have, so I do not regret it. Well, we are expecting to have new store in Yokohama and Omiya, Japan, in the end of this month, and other brand in Southeast Asia in the beginning of next month. I hope our new business is going to be well, and would like to wiser our business more internationally. I will talk about more of details in next post. If you have an opportunity to come to Osaka, please stop by DANCING CRAB.

2015年5月20日水曜日

メキシコ、ペルーへ行ってきました

南米料理がテーマのTORO TOKYOを銀座にオープンして数カ月経ちました。実は南米に行ったのは随分昔で、最近のトレンドを知らないのが自分としてもいけないと思っていました。パートナーのサンドバル氏の料理がテーマなので、すべてお任せしていたということもあったのですが、それでも南米独特のエスニックさがあるはずではと思い、この度メキシコとペルーに行ってきました。

メキシコ、ペルーには、メキシコ人シェフのラファエロに現地でアテンドしてもらい、メキシコ、ペルーの食文化のベースとなるストリートフードを中心に見てきました。そこでわかったのは、メキシコ料理はタイ料理によく似ていて、甘くて酸っぱくて辛いということでした。例えば、パクチーの使い方などは、非常によく似ていました。
思えば、東南アジアも南米も、暑くて湿気の多い国という意味では似ています。ペルーは予想以上に乾燥していて、岩と砂ばかりでしたが、素朴な生活を見ることができました。ペルーで立ち寄った農家の家では、お母さんの味のランチを御馳走になりました。
レストランビジネスにおいて、タイ料理を成功させることができたのは、元々の文化に忠実に従って再現しようとしたからだと思っています。そういう意味で、南米文化にも直接触れることができ、実りの多い出張となりました。とはいえ、まだまだ奥が深い南米の文化ですから、次はアンデスの山の中に行って、また違った南米文化に触れたいと思いました。
東京でも南米に触れることができるTORO TOKYOに是非、お越しください!


ペルーは想像より乾燥していました。

 農家のお母さんたちとランチ。


メキシコ人シェフラファエロ
ピスコ(ペルーの有名な蒸留酒)の酒蔵




TORO TOKYO
〒104-0061
東京都中央区銀座6-2先銀座コリドー街
Ginza Corridor, 6-2 Ginza, Chuo-ku
Tokyo, 104-0061
TEL:03-6274-6361
http://torogastrobar.jp/



A few months have passed since we opened TORO TOKYO in Ginza. I honestly went to South America long time ago, and I had felt necessity of experiencing the latest food culture. My partner, Chef Sandoval helped us on the menu, but I have decided to study and learn more about the local culture in South America.
Chef Rafael attended us in Mexico and Peru trip. We tried a lot of street foods. Through the experience, I realized that there were a lot in common between Mexican food and Thai food. Both cuisines have perfect combination of sweetness, sourness and spiciness. I also found that local people enjoyed eating coriander.
Speaking of something in common, South East Asia and South America are hot and humid. It was a lot drier in Peru than I had expected. We stopped by a farmer’s house in Peru, and the mother cooked lunch for us. It was very simple and authentic.

Being authentic is very important for restaurant business. The reason why we have been successful is that we follow this rule. In this meaning, the trip in Mexico and Peru has opened my eyes. I’m still interested in other cultures in South America such as Andes. I look forward to visiting South America again. If you want to experience South American culture in Tokyo, please stop by at our TORO TOKYO!

2015年3月3日火曜日

mango treeワシントンオープンとスペシャルなレストランのご紹介

先日、マンゴツリーがアメリカのワシントンD.C.にオープンしました。
タイのブランドオーナーのピタヤ氏、TOROのパートナーでもあるサンドバル氏、私が一緒に作ったお店で実は日本からの直営店でもあります。ワシントンD.C.は日本からは遠いですが、是非機会がありましたらお立ち寄りください。

住所: 929 H Street NW, Washington, DC 20001
電話:+1 202-408-8100
http://www.mangotreedc.com/

 左から小島、サンドバル氏、ピタヤ氏

店内

外観


サンドバル氏とは昨年12月にTORO TOKYOを銀座にオープンしました。直接話すのは実は久しぶりでしたが、方向性などいろいろと話ができ、実りある出張となりました。今月、サンドバル氏が来日し、自ら腕をふるうイベントも企画しています。詳細は追ってお伝えしますが、是非楽しみにしていてください。

また、そのTORO TOKYOのオープニングの時に、久しぶりに偶然会ったホセさんという有名なシェフがいます。彼とは愛知万博のスペインブースを運営した時からのお付き合いなのですが、彼はカタルニアの料理のシェフで、「レ・ストゥディ」という一日一組限定のレストランをやっています。なかなか予約が取れないのですが、先日、ついにそこで食事をしました。最高の材料で、お客様のニーズに合わせ、時間と愛情をかけて作った料理のおいしさを改めて感じました。行ったことのないカタルニアのおばあちゃんの手料理がイメージでき、まるで魔法にかかったようでした。もし一緒に行きたいという方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください!

L'estudi - レ・ストゥディ
住所:〒100-0011 東京都千代田区内幸町2丁目2−2 富国生命ビル B2F
電話:03-3597-0312
http://www.lestudi.jp/

料理の説明をするホセさん

前菜の盛り合わせ

ホタテとキハタと寒締めほうれん草のソテーカタロニア風

アロスネグロ(黒いお米という意味)


mango tree opened in Washington DC on Feb 12th.
This is actually under direct management with Mr. Pitaya, the brand owner in Thailand and
 Mr. Richard, our partner of TORO Tokyo in the USA.
Washington DC is far from Japan but if you have any chance to be in town, please stop by.

In this trip, I talked with Mr. Richard about TORO Tokyo. We opened the restaurant in Dec last year.
 I was glad to meet him in person and talk about future plans.
He is coming to Tokyo soon, and we'll throw an exciting event, Mr. Richard's special dinner.
I'll update more details so please look forward to it.

Speaking of TORO Tokyo, I met Chef Jose, who runs Lestudi, Catalunya restaurant. This restaurant is so unique that they take reservation for only one group a day.
I recently had a chance to eat lunch there, and it was like a magic. I could imagine how grand mothers cook in Catalunya although I've never been there. It was a special experience.

2015年1月6日火曜日

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
2014年は大型店を含んだ店舗展開があり、精神的にも肉体的にもハードな一年でした。レストランビジネスを始めて長年経ちますが、何度経験しても楽にオープンできないものだと、改めて感じました。

そういう意味では大変ではありましたが、良い場所に新店をオープンすることができ、順調な一年でした。今年は新しい店の計画もいくつかありますが、最初の目玉はマンゴツリーです。いよいよ、アメリカのワシントンD.C.にオープンします。また、Slappy Cakesも新たな海外のパートナーが見つかりました。そして、昨年10月にオープンしたDANCING CRABはとても好調です。2,3店舗目も考えたいと思っています。今年もまた忙しくなりそうです。

店舗開発の他、今年は会社として、追求していくべきものをより明確にしたいと思っています。弊社が大事にしていることとは、「手作り」です。具体的には、食材の質、シェフの腕、お客様へのサービスを向上させていきたいと思っています。

実は先日の台湾出張での出来事を通じて、「手作り」の大切さをより強く思いました。12月、台湾のパートナーたちと、台北から離れた小さな町に行きました。その田舎の食堂で、おばちゃんと「どこから来たの?」などと話をしながら食事をした時、一切デジタルを使わず、マニュアルがあるわけでもなく、全くの自然なコミュニケーションとおもてなしがとても素晴らしいものでした。求めているアナログの良いところがたくさんありました。日本でも、もちろん味わえるとは思いますが、海外で経験することによって、より大きく深く感じたのでした。

良く言われる「良い年になりますように」という言葉は他力本願のような感じなので、「良い年にするぞ!」という抱負を掲げつつ、一年を過ごしていきたいと思います。本年もどうぞよろしくお願い致します。


(上から専務熊谷、代表小島、常務取締役齊藤)
*今年の年賀状のデザインです


Happy New Year!
2014 was such a big year since we opened several restaurants in big scale. I realized again that
 opening a new restaurant could not be easy even though I had done that many times.

We have some exciting plans this year. First, "mango tree" will open in Washington DC soon. We've found new partners of "Slappy Cakes". "Dancing Crab", the new restaurant, has been doing very well. I'm thinking of opening more outlets,,,, oh well, I'll be super busy this year, too.

Besides opening new restaurants, I want to define our policy, being "handmade." I think that we need to improve quality of ingredients, chefs, and service.

I felt it strongly though my last trip in Taiwan. I and my local partners went to a small village in Taiwan. We stopped by a small restaurant. The old lady talked to me and brought us food, "Where are you from?" with smile, etc. The communication was so natural that I was touched by the hospitality. Through the experience, I realized advantages of "analog" and "handmade."

People often say "Wish you a happy new year" but I prefer to using the term, "will".
Therefore, let me say as my personal goal for this year,,,,, "I'll make 2015 a great year!"