2013年10月28日月曜日

新しいプロジェクト&コカ鍋杯開催!

先日、またバンコクへ行ってきました。
ワシントンDCにマンゴツリーを来年オープンします。一人はマンゴツリーのブランドオーナーのピタヤ氏、もう一人はリチャードサンドバル氏、そしてもう一人は私です
リチャードさんは、アメリカでは有名なレストランメーカーで、数多くのレストランをやっています。どの店も評判を呼んでいます。以前にも何度か会ったことはありましたが、今回の出張では、何日も一緒に過ごし、その人となりがわかるにつれ、自分と考え方が近いものがあると感じました。具体的に言うと、手で作る料理の良さを大事にするということです。アナログの良さをポリシーとして持っていて、サービスも人によるサービスを目指していることがわかりました。
また、もうひとつの共通項は、エスニックを主体にしていることです。アメリカ人にとっての「エスニック」は南米、東欧料理に当たるのですが、私はアジア人にとってのエスニックで、タイ料理などを専門にしているので、立ち位置や考え方がとても似ていると感じました。
また、こういう人に巡り合える自分の運の強さも感じました。
アメリカにある彼のレストランもいつか日本でやれたらいいなと思いました。楽しみにしていてください。

別のお話ですが、先日、毎年恒例のゴルフコンペを開催しました。この上なく良い天気に恵まれ、楽しい一日となりました。自分のゴルフは年々やる気がなくなっているせいか、スコアも良くなかったのですが、外で一日中運動することも少ないので、リフレッシュできました。女性が一人もいなかったのがさみしかったです。。。また来年も開催致しますので、ご参加ください!





I went to Bangkok the other day to have a meeting with Mr. Pitaya and Mr. Richard. We talked about the coming project, opening mango tree in Washington DC next year.

Mr. Richard Sandoval is a well known restaurateur. He owns many restaurants, and they have got good reputation so far. I met him several times before, but this trip was the first time to spend more time with him. I learned more about his personality, and realized that we had a lot in common. For example, he thinks handmade cooking important. He also thinks service and hospitality by humans important as I do.
I also realized that both of us are professional in "ethnic" cuisine. He works with South America or East Eurpopean cuisine, which are "ethnic"food to American people. I work with Thai food, which is "ethnic" food to Japanese people.
I felt very lucky to meet such a person who has a lot in common in this way.
In the future, I want to open restaurants of his brands in Japan.

By the way, there was a golf competition in Yamanashi. The weather was perfect. I had a great time
 with playing outside all day although my score was not so good. I just felt sorry that there was no women players this time. We'll do it next year, so why don't you join us?

0 件のコメント:

コメントを投稿