2013年9月24日火曜日

夏の振り返りと台湾出張

今年の夏を振り返ると、とにかく暑かったですね。タイには月一くらいで行きますが、タイのほうがむしろ涼しいくらいでした。それくらい日本の暑さは異常だったと思います。暑くて大変な夏でしたが、タイ料理は暑い国の料理らしく、うだるような暑さの中、さっぱりしていて甘くて辛い料理は、暑い気候にはやはりピッタリなのだということも改めて感じました。

ところで、先日、台湾へ行ってきました。台湾のパートナー(台湾料理のレストランブランド「欣葉」。過去に日本にも展開)が新しい日本食レストランをオープンしたので、そのオープニングパーティーに参加してきました。
日本食は世界規模で定着が進んでいて、「なんちゃって」の日本食から脱却しつつあります。お客様のほうで良いものと悪いものの区別がつくようになっています。たとえば、一昔前なら、日本食レストランといえば、そばも寿司もラーメンもありました。でも、今は「ラーメン」なら「ラーメン屋」など専門店化しつつあります。そういうところからも、日本料理への理解度が高まっていることを実感しています。

日本食はサービス、食材のクオリティが特に大事だと思います。「日本が好き」という人情や期待を大事にしないといけないなと思います。同時に、そういう人たちがたくさんいることに感謝したいと思います。

台湾はたった数時間で行ける海外ですので、是非行ってみてください。
のんびりした雰囲気が味わえます。
また、毎年冬には台北マラソンに参加していますが、今年はハーフマラソンの完走を目指します。実は、トレーニングのためにランニングマシーンも買いました。事務所に置いてありますが、これで練習に励みたいと思います!Keep running!



台北欣葉 和食ブッフェレストラン5号店(健康路)開店披露パーティーにて
 前列左から:小島、李会長
 後列左から:熊谷専務、李社長夫人、欣葉顧問の蔡氏



開店披露演出で和太鼓のパフォーマンスもありました


When looking back to this summer, it was just too hot. I go to Thailand every month, but I think Thailand is cooler than Japan. I think summer in Japan was extraordinally hot this year. However, I could appreciate that Thai food really matches hot weather with the spicy, sweet, and bit sour tastes.

I went to Taiwan by the way. My partners in Taipei opened a Japanese restaurant, and we went for the opening reception. I can see Japanese restaurants spread the world rapidly, and the quality is getting better. "Fake" Japanese restaurants used to be anywhere, but now, customers know much better than before, and the trend of Japanese restaurants is getting more likely to specialty restaurant.
I also feel that the service and the quality of ingredients must be good as for Japanese restaurant because people who love Japan expect good things at experience of eating as well. I also feel that we should appreciate those people.

Taiwan is just a few hours from Japan by air. If you want to enjoy relaxing mood,
 try and go to Taiwan.
I go to Taiwan every winter for Taipei marathon. I'll try half marathon this year.
For the training, I bought a treadmill. I'll try to practice more.

0 件のコメント:

コメントを投稿