2012年10月24日水曜日

長い海外出張からのご報告


お久しぶりです。タイのピタヤ氏と一緒に、約2週間の海外出張へ行って参りました。実はこれくらいの長い出張というのは滅多にありません。今回は東京、イスタンブール、ニューヨーク、ワシントンDC、ダラス、そして東周りに日本へ帰ってきました。つまり世界一周したことになります!




イスタンブールでは、現地に、パートナーになることに興味がある人がいるということで、街の視察もかねて行ってきました。イスタンブールというと、ロマンチックな場所だと思っていましたが、少し予想とは違っていました。アジアとヨーロッパが混じり合うところで、食文化も世界三大の一つということで、期待していたのですが、実際はアラブとヨーロッパのミックスという印象でした。塩やオリーブオイルが強く、食べるとおいしいのですが、インパクトに欠ける料理が多かったように思いました。




滞在中、有名なモスクにも行きました、スターウォーズの映画の街のモデルとなったので、まるで映画の中に迷い込んだ感じでした。何より、一番驚いたのは、大渋滞でした(苦笑)。タクシーの乱暴な運転もショッキングでした。


その後、アメリカへ移動しました。ニューヨークには何度も行っているので、今回はワシントンDCの滞在期間を少し長くとりました。ワシントンDCは、大統領選挙キャンペーンの真っ最中ということもあり、とても政治的な印象の街でした。人々のスーツ率が高く、街のレストランの利用状況は、夜というよりは、朝食、ランチミーティングが多いようでした。



その後、ダラスへ行きました。バーベキューなど、南の方には実はおいしい料理がたくさんあるのですが、今回は特にハンバーガーが美味しかったです。何がそれほど美味しいというと、バンズ(パン)が焼きたてなのです。店の中で焼いて、その日のうちに売り切ってしまう、美味しいもののためには苦労をおしまないという意気込みを感じました。マクドナルドよりも倍以上する値段のプレミアムハンバーガーがお客様の心をとらえていました。「ハンバーガーのお店もやりたいなぁ」と思ったくらい、すごくおいしかったです。そんなおいしい店でしたが、ドリンクが紙コップで出てきたり、色気がないなぁと思う場面もありましたが、それもまたアメリカらしさなのだと思いました。




今回の出張は、点々としていたため、時差ぼけがとてもひどく、かなり悩まされました。そんな時差ぼけとの戦いに苦労しましたが、その分、収穫も多い出張になったと思います。

I had been outside of Japan for two weeks on a business trip with Mr. Pitaya, the owner from Bangkok. The trip for such a long term is not usual to me. We visited Istanbul, New York, Washington DC, and Dallas. I literally made a world tour.

Mr. Pitaya encouraged me to visit Istanbul together. We did not know the city well, and we wanted to meet a potential business partner. I had the image of "romantic" city about Istanbul, but the fact was a little bit different. I had expected a lot about the food there because Turkish cuisine is one of the big three cuisines in the world, but I found that it is mixed wit Arabic cuisine and European one. The food was bit too salty and too oily because of too much olive oil. The taste was good, but the food did not impress me that much.
I went to Mosque, the famous chapel. It was actually a model for Star Wars, the famous movie. I felt as if I were in the movie. But the most shocking thing in Istanbul was a heavy traffic. I was also shocked at harsh driving of taxis.

After that, we went to the US. This time, we spent more time in Washington DC. I had a strong impression of a "political city" because of the big campaign of the election of the president. I realized many people wore business suits. People eat out for breakfast or lunch meeting, not for dinner.

After that, we visited Dallas. There are many good food in south, and I especially liked a hamburger. The point was the buns. The bread was fresh because the restaurant baked bread there. I was impressed by their efforts trying to serve good food. The hamburger was a lot more expensive than that of MacDonald's, but people loved it. It was so good that I felt like making that type of restaurant. I was a little bit disappointed about some parts, such as serving drink by a paper cup(I mean, it is not so cool), but I understood it was a part of American culture.
I had been suffered from a jet lag because I had stayed at several parts in a short time. The trip was hard, but I am satisfied with finding some ideas for the next steps.

2012年10月1日月曜日

新企画、”mango tree cafe+bar” /New concept


先日、品川駅前のウィング高輪WESTに新しい店“mango tree cafe+bar"がオープンしました。今までの企画に新しいエッセンスを加えたお店です。

実は、新しいことをするのには、理由があります。だいたい5年くらいのサイクルで新しいことをしないと、時代に取り残されてしまうという経験上の感覚があります。逆に言えば、今までのものを守るためにも、新しい息を吹きかけることが大事だと思っています。

今回は「大人の世界」を演出した新しい企画です。「大人の世界」というのは、はりきりすぎてもダメですが、ちょっとドキドキするような、心を躍らせる雰囲気が必要なので、音楽やデザインにこだわりました。また、以前からお話している「変えてはならないもの」である「おいしい、本物の料理」にも当然こだわりました。

なぜ「大人」の企画なのかというと、やはりそれには時代背景が関係しています。先日、東日本大震災という大きな出来事がありました。それは各個人の考え方を変えてしまうくらい大きな出来事でした。あり得ないと思っていたことが、現実に起こる可能性があるということがわかった今、人々は飲食に何を求めるのか?というのが大事なテーマです。

人々は、びっくりしたし、悲しかった。そして今、そのショックからは立ち直らなければならない。しかしながら、政治も経済も上向きになかなかならないという現状があります。その中で、自分の仕事を一生懸命して、ほっとしたとき、何を食べたいのか。今の日本を背負う覚悟、大人としての責任、現状の中で、自分たちがもう少し元気を出したい、はりきりたいという気持ちと、ほっとしたいという気持ちを、デザイン、メニュー、音楽、バーカウンターで具現化したつもりです。それが“mango tree cafe+bar"なのです。

今、新しいチャレンジの方向性が見えて、少し安心しているとともに、これをお客様に伝えていくことが大事だと思っています。また、それを社内にも浸透させることも大事なので、日々努力しているところです。

とはいえ、既存のお店を変えることはしません。今までご支持いただいている店はきちんと継続していくことが大事だと思います。店ごとのターゲットのお客様に、喜んでいただくために、芯をぶらさずに守っていきたいと思っています。

近々、mango treeのブランドオーナーであるバンコクのピタヤ氏と、イスタンブール、ニューヨーク、テキサスを巡る旅を計画してます。またブログでいろいろご報告できるかと思いますので、どうぞお楽しみに。






Our new shop. "mango tree cafe+bar" has just opened in front of Shinagawa station in Tokyo. The concept is new, I mean, new essence was added to the existing concept. There is a certain reason why I do something new in this timing. In my opinion, if you do not produce anything new in 5 years or so, your business will be out of fashion. In other words, new breeze will revive the existing things you already have.

This time, the concept is "adults' world". If you say so, the mode can't be too vigorous like youngsters. We arrange good music and design which will give the atmosphere with a little excitement. We are of course ready for serving  good food, which is something we always preserve.

Why I produce "adults' world" this time?? As you know, the big earthquake happened, and it was enormous enough to influence people's way of thinking so far. Now people know something that can't be true may happen in reality. What would people desire for eating in that situation? 



In my opinion, since the disaster, people were very sad, very surprised, but they have started to realize that we have to overcome. However, the economy and the politics were still in struggle.  People are trying to work hard and do the best in everyday life.  So they sometimes need a break between works.

I arranged design, food menu, music and the bar counter to give  some "cheering up and soothing" atmosphere which those people want at the restaurant. This is "mango tree cafe+bar".


Now I'm a little bit released because I know what to do for the next challenge. I think it important to tell this to the customers as well as my staff.

Though I put efforts into the new shop, I will preserve the old(means existing) shops. I will protect them for our royal customers.

By the way, I will travel to Istannbul, New York, Texas, etc with Mr. Pitaya, the brand owner of mango tree. Please look forward to the next report.