2012年7月30日月曜日

第一話 最初のレストラン My first restaurant


マンボウズが生まれたのは1988年ですが、まずはその時代背景についてお話したいと思います。少しさかのぼりますと、1970年代は、バブルの前兆の時代で、日本経済が右肩上がりに成長を続けた時代でした。その中で、少しつまづいたのが、1973年に起こったオイルショックでした。また、学生運動が盛んな時代でもあり、世の中が混沌とした雰囲気でした。
80年代前半は、その混沌とした状況から立ち直って、また右肩上がりに戻りつつある時代でした。それは、ちょうど飲食産業は大きな転機を迎えた時期でもありました。
例えば、マクドナルドやデニーズなど、海外から軽食の文化が入ってきました。それ以外にもたくさんのコピーが誕生した時期でした。人々は、将来に対する不安はそれほどなく、お金を使う喜びを知り始めたころでもありました。世の中全体が浮かれていたので、人々はいい家に住み、いい服を着て、いい車に乗って、さぁどこへいく?ナイトクラブか素敵なレストランでいいものを食べる、というのが当時でした。そんな時代に、大げさで、派手なレストランであるマンボウズは誕生したのです。
マンボウズは大盛況で、くる日もくる日もお客様でいっぱいでした。しかし、デザインなど、初期投資にお金をかけすぎたため、もうけることはできませんでした。初期投資だけでなく、マンボウズは「本物」ではなかったですし、お客様を迎えるホスピタリティも
未熟なものでありました。しかし、この失敗によって、僕のレストランビジネスを学びました。それが原点となり、後のレストランを成功させることができたのです。


My first restaurant, Mamboz, was born in 1988. I want to talk about the situation around that time. In 1970s, Japanese economy was right before the bubble and had been growing. In 1973, the oil shock happened and the growth stopped for the moment. Student protests were active. The society was in chaos.
 At the beginning of 1980, the chaos was over, and the economy started to grow again. At that time, F&B industry was facing a big turning point. For example, right meal culture such as MacDonald's and Denny's was imported from abroad. Other copied brands were also imported. People were not worried about the future. Rather than that, they started to appreciate spending money. Since the mood was very happy, people had a dream of living in a good house, wearing good clothes, riding a good car. Where shall we do next?? Let's go and eat something at a cool club or a good restaurant. In that era, Mamboz, the exaggerated, luxurious restaurant was born.
The restaurant got very popular, and it attracted many customers. However, we could not make profit because we spent too much money for initial things such as design. The restaurant was not authentic. Also, the hospitality was not perfect. The failure was a lesson for me to learn restaurant business. I could make other restaurants successful afterwards.




0 件のコメント:

コメントを投稿