2012年6月18日月曜日

自己紹介 Introduction of myself



1952年東京に生まれました。吉祥寺という町で育ちました。小学校から大学まで、成蹊に通いました。大学卒業後、大東通商に入社し、マルハ関連の会社だったことから、その後はマルハに移り、30歳のときに社内ベンチャーとしてレストランビジネスを始めました。

第一号店は1988年に誕生した青山のマンボウズでした。無国籍料理で、高い評価も得たのですが、利益がなかなか出ませんでした。この最初の失敗から僕のレストランビジネスが始まりました。お客様が入るのに、なぜ儲からないのか?それは今から考えれば当たり前のことだったのですが、イニシャルコストと人件費などの経費が実際の売り上げに見合っていなかったのです。お客様の満足を得ながらも経費を抑えなければならない、という当たり前のことをマンボウズで学びました。






失敗を経て、次はバッカーナというブラジルシュラスコレストランでした。マンボウズでの経験から、今回はイニシャルコストをかけず、しかも東急デパートさんのサポートのおかげで渋谷の良い場所を借りることができました。また、大きな牛肉をバーベキューにして食べるというスタイルだったので、食材原価の計算がしやすく、人件費もかけずにすみ、想像以上の売り上げを上げることができました。




バッカーナは成功したとはいえ、トレンド的なものだとわかっていたので、長くはやれないと思っていました。そんな中、マルハが水産会社だったこともあり、シーフードのレストランを、という要望もあり、僕の中には中華料理以外のアジアンエスニックが来るという感覚がありました。そこでタイに行き、コカレストラン、そのオーナーのピタヤさんに会いました。この出会いは仕事としてはもちろん、プライベートとしてもラッキーだったし、重要だったと思っています。

現在はコカレストランやマンゴツリーなどのタイ料理を中心としたレストランビジネスがある程度整理でき、ほかにもいろいろな国との提携ができていますが、コカ、マンゴツリーは一生の仕事になるだろうと思っています。

今は年をとってきているし、走り続けるのは体力的にも辛いので、ある程度余裕を持ちながら楽しみながら、時々休憩を入れながら仕事をすることを心がけています。それで最近はまっているのがランニング。食と運動は重要な関連がありますし、運動して食べるということを自分なりに研究しつつ、あくまで食が専門なので、お客様にとって納得できる価格と味を追求することが大事だと思っています。

次回以降は今まで手がけてきたお店のこと、レストランへの想いをお伝えします。感想などリクエストなど、お待ちしています。



I was bon in Tokyo in 1952. 
I grew up in Kichijoji, Tokyo. The school I went was called Seikei. I went to the elementary one to the college called Seikei. After graduation, I stared to work for Daitoh(Daitoh Trading Co. Ltd). The company was related to Maruha, and I was transferred to Maruha. I was posted in venture business division, and I was involved in restaurant business.

The first restaurant was Mamboz. The style was international. Though the restaurant got very popular, we could not make profits. I learned a lot from this experience. Why can't we make profits although we get many customers?? The answer was obvious... I spent too much money for the initial investment such as design and staff. I learned this basic lessen, spending money in minimum for cost as well as making customers happy.

The second restaurant was Vaccana, the brazilian BBQ style. I didn't too much money for initial cost after the lesson from Mamboz, and thanks to Tokyu Department Store, we could rent a good location in Shibuya. In addition, the BBQ style was good because it was easy to calculate food cast and to hire staff in minimum. We made more profit than we had expected.

Vaccana was successful, but I knew that the success would not continue for a long time because the restaurant was trendy. In meantime, Maruha requested me to produce a seafood restaurant because the company sold seafood. I had a hunch that the next trend would be Asian ethnic. Then I visited Thailand, and I met Mr. Pitaya, the owner of Coca. The serendipity has been very important for my job as well as my private life.

Now I have good relationship among restaurant brands from different countries. I especially think Coca and mango tree will be connected to my job for the rest of my life.

As for my work style, I try to enjoy myself with some break. I'm getting older and it's too hard to continue running without breaks. I like running as a hobby. Eating and excercising are related each other and both of them are important. I try to research the both, and will try to seek for the points of price and quality for customers. 

I will talk about more details such as my passion of restaurants I had produced. 

0 件のコメント:

コメントを投稿